賛助店めぐり

今月の賛助店 江戸割烹 米村

 今月は江戸時代に開花した花街“新ばし花柳界”に店を構え、いなせな心意気と伝統の味を今に伝える料亭・江戸割烹米村(藤野泰弘社長)様にご協力いただきました。

 江戸開府より全国から人や物が集まった江戸は食の宝庫でした。米村は昭和8年の創業以来、多くの小説家や洋画家、財界人に愛されてきました。現代では珍しい江戸料理の味にこだわりを持ち続ける米村の料理は、日本の食文化を継承し、かつての江戸料理の中から現代風にアレンジした“新江戸料理”にチャレンジしております。

 接待やお祝い、記念日などのお席に欠かせない完全個室をご用意。雪見障子越しに屋内の坪庭が醸し出す竹の間など、掘りごたつ式のお座敷3室、カウンター9席を擁し、趣のある美術品、調度品をしつらえたお部屋で旬の贅沢な食材をふんだんに使用した会席料理を賞味することができます。

 この由緒ある舞台で優れた技術を発揮するのは総料理長で本会編集部長の富田正藤氏です。江戸割烹米村様のますますのご繁栄をお祈り申し上げます。

江戸割烹 米村

〒104-0061 東京都中央区銀座7-17-18
【電話】03-3541-1723
【交通】地下鉄日比谷線東銀座駅3分

二〇一七年

十一月の賛助店

十月の賛助店

九月の賛助店

七月の賛助店

六月の賛助店

五月の賛助店

四月の賛助店

三月の賛助店

二月の賛助店

一月の賛助店

二〇一六年

十二月の賛助店

十一月の賛助店

十月の賛助店

九月の賛助店

七月の賛助店

六月の賛助店

五月の賛助店

四月の賛助店

三月の賛助店

二月の賛助店

一月の賛助店

二〇一五年以前の賛助店めぐりは以下からご確認ください。