調理師日誌

一人前になるのに10年?

カウンター越しのお客様との会話の中に「一人前になるのに何年かかるの?」という会話がよくあります。

決まって返す答えは「人にもよりますが10年ぐらいですかね」と。
この10年、なぜ10年なのか?
私の修行時代に先輩方からよく聞かされた気がします。

しかし、今、10年を過ぎた30代の調理師の中には一人前どころか、私達の2、3年目よりも、技術、知識に劣る人達がごろごろいるような気がします。
一人前といってもどうなれば一人前と呼べるのか?基準がない!
料理長としてお店をまかされる時でしょうか?

一人前になるのに10年というのは、江戸の料理人の職階に十職という段階があり(板前、脇板、煮方、脇鍋、焼方、盛付、立廻り、立洗い、中洗い、下洗い)、これが十段階だから10年と言ったのでは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

Posted in 日本料理 | Leave a comment

天気予報の台風と大雪

台風予報、大雪予報は、ほとんど当たらない。

きっともしもの事を考えての責任逃れでは、と思うことがある。

ハズレても台風こなくて良かったね!!

これが、逆に台風は進路を外れます…の予報でハズレたら、責任問題になるでしょう。
この責任逃れの予報(?)、飲食店にとっては大きな問題です!

台風予報、大雪予報の日のお客様の入りは、ひどいものです!!
予約があってもほとんどキャンセル!それでいてほとんどが当たらない予報!?

降水確率のように%で予報することはできないのでしょうか…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

Posted in 未分類 | Leave a comment

終電

私達料理人は人が遊ぶ時に働く仕事。
夜、仕事が終わり、家に帰る電車も終電が多かったりする。

これも終電の時間に間に合うように駆け込む…といったほうがいいだろうか?
特に今は昔と違い、仕事の終わる時間が遅くなっている。

この終電、地方の電車の終電と違いかなりコミコミの状態です!
こんなに終電を利用する人が多いのに、時間をもう少し遅くすることはできないのでしょうか。

例えば、飲食店が込み合う時間帯に「もう閉店です」と言っているようなものでは?

ニューヨークの地下鉄は終電がなく、夜中もずっと走っている!

夜の町はニューヨークより東京の方が人が多くて賑やかのに…
おかしな話ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

Posted in 未分類 | Leave a comment

学校の成績がいいと、料理人としては?

学生の時に成績が良かった子は、テストの点数が良かったから成績も評価が良かったんでしょうね。

テストでいい点数をとるコツは、自信のない問題、時間のかかる問題は、後回しにしてわかる問題から先に解く!

テストには決められた時間があり、10の問題があるテストで、最初の1問目でつまづき時間切れなら0点又10点…自信のない1問目をとばし、答えられる9問を先に解けば90点!!

こんな人は、仕事でも分からない仕事は、後回しにする傾向があります。

仕事で、分からないことを後回しにすると大変な事になります!

もうひとつ。テストには全て正解の答えがあります。

しかし社会に出て仕事の上で起きる問題には、ほとんどの場合正解の答えはありません。

つまづく問題を後回しでは、ほとんど解決されていきません!
社会に出て仕事をするようになったら、後回しぐせを改めさせなければ…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

Posted in 未分類 | Leave a comment

いじめ問題

TVのニュースでいじめによる自殺が、大きく報道されました。

このいじめ問題、原因は何でしょうか。
人と違うことをする子、しようとする子は、仲間外れにされたり、いじめられたりするのではないでしょうか?

これは、個性をなくす教育のありかたに問題があり、教育のありかたを変えない限り、いじめはなくならないでしょう!

なぜ、日本はそれほどまで学校教育で、個性をなくす教育をする必要があるのでしょうか?

何十年か前ならこの教育で、正しかったかもしれませんが、時代遅れなのが分からないのでしょうか。

私は小学校4年生の時、担任の先生が先頭に立ち、私とは口をきいてもダメ、一緒に遊んでもダメと他のクラスメートに言って、大変寂しい思いをした記憶がある。

それほど大きないじめに発展することはありませんでしたが、今になって思うと、とんでもない先生がいたものだと思います。

中学校3年生の時、勉強嫌いの私はテストの成績もあまりよくなく、評価も最低でした。
そんな私でも、この頃になって数学に興味を持ちだし、柄にもなく人並みに勉強し、ある日テストで85点を取った時、担任の先生からクラスメートの前で、君はカンニングしただろう!?と言われ、大恥をかいたことがある。

テレビドラマに出てくる頼れる先生など夢物語…。

30年~40年前でも先生は尊敬できる人が少なかったのに、今は想像もつかないほどひどい状態なのでしょうか!?

テレビニュースを見るとそんな思いがしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

Posted in 未分類 | Leave a comment