調理師日誌

「永朋」6月号編集後記

 六月の雨は梅雨前線が発達し、停滞することでひとしきり雨をもたらすことになります。この時期の雨量によって稲や作物が生育し、やがて実り多き物になるわけです。一方では果樹にも影響を及ぼし、青梅を実らせ黄熟させることになります。このように梅が熟す頃の雨なので梅雨と書き、湿気が多くて徽(かび)が生えるところから微雨とも書き、いずれもバイウまたはツユと読みます。一年で最も鬱陶しい気候となり、ジメジメとして健康上は誠に不快な季節となります。日本では昔からこの時期に採取した梅を用いて保存食の梅干しを作ります。熟し切らない青梅を数日間塩漬けにしたあと、日に干して赤紫蘇を加えて漬け直します。さらにむしろや戸板に並べて天日に晒し、三日三晩、昼には干し、夜には梅酢に漬け戻すことを繰り返すと程良くしわの寄った梅干しが出来上がります。好みによっては天日に干さないでカリカリ梅で食べることもできます。

 梅干しにはその強烈な酸味から殺菌効果や保存効果が認められ、弁当の白い御飯に梅干しを一個詰めて日の丸弁当と称し親しまれてきました。近年では疲労回復から生活習慣病、特にガンの予防にも効果があるといわれ、胃がんの原因とされているピロリ菌に対しても一日二個程度の摂取で抑制することが出来るといわれています。梅干しに含まれる成分が糖尿病を促進する酵素αグルコシダーゼを抑制することも証明されており、最近ではバリニンという成分が脂肪燃焼効果があることもわかりました。どんなサプリメントよりもダイエット効果、夏パテ防止効果がある健康食品であることを再認識し、毎日一個食べるようにしましょう。

編集長 富田正藤


Posted in 編集後記 | Tagged , | Leave a comment

「永朋」5月号編集後記

 今や国民の80%が非喫煙者といわれますが、新幹線全面禁煙などで世の愛煙家には肩身の狭い時代になっており、厚労省の方針によると受動喫煙防止策を罰則付きで強化するという健康増進法改正案が発表されました。学校や病院の敷地内、官公庁や大学、運動施設などは屋内禁煙、バスやタクシー、飛行機などは車内(機内)禁煙とし、いずれも喫煙専用室の設置は認めないという厳しいもので、一部公共の福祉に反しない限りに於いては尊重されるとして、プライベート空間は対象外であり、限定したもので、飲食店のレストランや居酒屋またホテル・旅館も喫煙専用室が認められるようになっています。

 いずれにしても、飲食店で4割、職場や遊技場で3割の非喫煙者が受動喫煙の被害にあっており、受動喫煙がなければ乳幼児を含め年間1万5千人の命が助かっているという統計がでているようです。たばこ(煙草)は1492年コロンブスがアメリカ大陸を発見した時、インディアンが栽培していたものを医薬品としてヨーロッパに持ち込んだのが始まりで、17世紀初頭には全ヨーロッパから東洋、日本にまで普及したと伝えられています。

 煙幕を張るわけではありませんが、すでに5世紀頃、メキシコのマヤ文明では太陽を崇拝し、僧侶がパイプでたばこの煙をくゆらし、祭壇に向けて吐き、その煙や葉の汁で病気を治しており、喫煙以外に嗅ぎたばこ、噛みたばこ、葉巻たばこも利用されていたといいます。また中国では16世紀にマラリアが流行した時、喫煙していた兵士だけが無事であったため特効薬とされて急速に広まったともいわれています。人類とたばこの関係は肺がんとの因果関係以前に悠久の歴史と文化がありました。

編集長 富田正藤


Posted in 編集後記 | Tagged , | Leave a comment

「永朋」4月号編集後記

 「花金」という30数年前のバブル期にできた流行語がありました。「花の金曜日」を略した言葉です。週休二日制が導入された時期に、月曜日から金曜日までの一週間の務めが終わり、土・日の連休を控えウキウキする気分にさせる金曜日との解釈がなされていました。それ以前には明治以降の「半ドン」という用語(現在は死語)がありました。半ドンタク(オランダ語の日曜日が転じて休息日の意)の略。当時、土曜日の勤務は午前中だけで、公務員や多くのサラリーマンにとって午後の自由時間は趣味やデート、レジャーで過ごせる実に楽しみな時間であったとか。

 このほど政府が2月からスタートさせた「プレミアムフライデー」は、企業全体が実施するにはまだまだ時間がかかりそうですが、月末の金曜日のみ午後三時の退社で、買物や家族との外食、旅行などによる消費拡大をめざして実施されるものです。プレミアムフライデーの過ごし方の調査では旅行が最も多く、従来の週末二日より半日近く多くなるため近距離の海外ツアーも見込まれるようで、旅行会社は色めき立っているようです。企業や団体の80%が前向きに検討しているといわれ、勿論、外食産業にとっても大いに反映される事でしょう。

 時に、海外旅行も格安航空券などにまどわさせると、てるみくらぶのような詐欺まがいの商法に巻き込まれる恐れがあります。信用と実績のある大企業ならいざ知らず急成長の零細企業は要注意ということかもしれませんが、電化製品のシャープや東芝などの超一流会社が身売りする時代ですから、森友学園の籠池氏ではないですが兎角この世はハシゴをはずされかねません。

編集長 富田正藤


Posted in 編集後記 | Tagged , | Leave a comment